株式会社ラボテック(LABOTECH) | 各部門の業務内容

電子カルテのラボテック

事業内容

各部門の業務内容

システム開発部門

医療ITの専門企業として、一貫して「医療のIT化」を推進してきた、ラボテックグループを牽引する中核部門です。インターネットが無い時代からネットワーク化を推進し、臨床検査システム、薬剤情報システム、レセプトシステム、そして、クリニックのプラットフォームである電子カルテシステムを開発し進化させてきました。技術の先進性、高度な開発力と医療専門知識、応用力(ノウハウ)などは、創業以来の数々の革新的実績で証明されています。今後さらに、医療現場が求める新たなニーズ・シーズを探索し、最新技術を応用した研究開発を行い、より良い医療社会実現への貢献を目指しています。

営業(販売)部門

単なる販売員ではなく、ドクターに頼っていただける「医療ITの良質なコンサルタントであること」、それがラボテックの営業です。開業をご検討中のクリニック様、あるいは開業後にお悩みを抱えるクリニック様へ、電子カルテ導入のご提案と商品のご紹介を行い、クリニック運営をコンサルティングします。そのために、業界トップクラスの販売実績に裏付けられた実務経験値をベースに、新たな専門知識とノウハウの研さんに努め、コンサルティング力を日々向上させています。医療ITのステージを「お客様、ユーザー様と共に創る」、これが営業(販売)部門の基本スタンスです。

業務部門

電子カルテは「診療現場のキーステーション」です。そして、医療とICT(情報通信技術)がコラポレートする専門性の高い分野です。電子カルテで日々数十万人の患者様の診療を的確に支えるには、導入時の正確なシステムインテグレーションと診療環境に応じたきめ細かい環境整備・構築、導入後の医療変化の反映や運用サポート、迅速なシステムトラブルへの対応など、専門的・組織的な総合力が決め手となります。業務部門は、この分野のプロフェッショナル集団です。(ラボテック・ソリューションズへ)

コーポレート部門

ラボテックは医療ITに特化した専門企業グループとして、企画開発、販売と導入、サポートとメンテナンスなどをワンオフで行っています。この垂直型事業の統括運営と管理がコーポレート部門です。中長期的展望に立った事業目標の設定、多用な事業要素への経営資源(人、技術、資金)の的確な配分、バックオフィス(人事・経理・総務など)、社内情報システムの構築管理などの機能で、グループ事業を牽引しフロントオフィス部門を支えています。「医療ITの近未来像を問い続ける」、これがコーポレート部門の変わらぬテーマです。